登録販売者として下呂で働きたい人が求人について知っておきたいこと

下呂で登録販売者の資格を生かして働きたいと思ったときには、求職活動を本格化させる前に知っておくと良いポイントがあります。求人の一般的な状況や下呂での平均的な待遇などを知っていると、個々の職場の魅力を検討しやすくなるでしょう。

この記事では下呂における登録販売者の求人の実態を中心として知っておくと役に立つ情報を紹介します。

新宿の周辺で条件が良い登録販売者の求人を見つけるには

下呂における登録販売者の求人の多さ

登録販売者の需要は全国的には高く、資格を取得していると正社員でもパートやアルバイトでも働きやすくなります。待遇も向上することから資格を取ろうと思う人も多いですが、登録販売者の求人は下呂では多いのでしょうか。

下呂は観光地としては栄えているものの、都会化が進んでいるとは言えない地域です。そのため、一般用医薬品を取り扱っている店舗がそれほど多いわけではなく、職場の数が限られてしまっています。その影響で登録販売者の求人はあまり多くありません。

地域的にも地元意識が強く、地元でずっと働き続ける人が多い傾向があります。安定して働いてくれる正社員やパートを確保することができている現場が目立つのも求人数の少なさの原因です。ただ、決して求人がないわけではないのですぐに応募することもできます。

下呂では常に正社員もパートも求人が出ているので働きたいと思ったらわずかな期間で入社できる可能性も十分にあります。下呂市内で働きたいと思っているなら近場で仕事ができるメリットがあるので、どのような求人があるかをもっと詳しく見てみましょう。

雇用形態の選択肢の状況

登録販売者として働いている人は全国的に見るとパートの割合が高めになっています。その状況は下呂ではどのようになっているのでしょうか。下呂では登録販売者の正社員の求人の割合が高くなっているのが特徴で、運営している会社によって正社員とパートを両方募集しているか、正社員のみを募集しているかが異なります。

地域的な傾向として正社員になって下呂でずっと生活していきたいという安定志向があるため、正社員の方が人材を確保しやすいだろうと考えられているのが通例です。また、契約社員や派遣社員を利用している現場は少ないことから、雇用形態としては正社員かパートやアルバイトのどちらかを選ぶことになるでしょう。

登録販売者が選べる求人の特徴

下呂で登録販売者になるときにはどのような求人を選べるのでしょうか。一般用医薬品を販売している店舗での販売担当者として活躍するのが登録販売者です。そのニーズが最も高いのはドラッグストアで、特に薬剤師を必要としない調剤対応なしのドラッグストアでは登録販売者を雇用しているのが一般的です。

しかし、全国的に見るとドラッグストアに限らず一般用医薬品を販売している店舗は多くなってきました。ディスカウントストアや大型スーパー、家電量販店やホームセンターなどでも医薬品を取り扱う店舗が増えてきているのが現状です。

さらにコンビニでも取扱店が出てきているため、現場で働く登録販売者が求められるようになっています。ただ、下呂ではこのような利便性重視のサービスを提供している店舗はあまりありません。既に登録販売者が在籍していることが多いので求人はほとんど出ていないのが現状です。参考>>登録販売者求人:アポプラス

したがって、下呂で働きたいとなると主にチェーン店展開をしている中堅から大手のドラッグストアが候補になります。チェーン店を持っているのでマニュアルなどもしっかりしていて初心者でも働きやすく、研修などもあるので安心して職場に入れるのが魅力でしょう。

また、給与体系も定型的に整えられていて福利厚生も充実しています。働きやすくて待遇も不満が出てくることがあまりないという点で優れている職場です。ただ、一般的な大企業に求められる基準を満たすように給与や福利厚生などを整え、チェーン店間で大きな違いが出ないようにマニュアル化を進めている影響で、職場ごとの違いがあまり大きくありません。

経営方針や取扱商品などの違いはあるので企業間の差はあるのは確かですが、待遇面をみると類似性が高いということは念頭に置いておくと良いでしょう。

下呂における登録販売者の給料水準

待遇に関しては似ている求人が多いということから推察できるように、下呂では給料の水準がほぼ安定しています。登録販売者として働いた場合にどのくらいの給料を得られるのかを確認しておきましょう。まず、正社員の場合には月給が20万円程度で採用になり、経験を積んでベテランになると最大で30万円くらいになるのが一般的です。

年収にするとボーナスや残業も含めて320万円くらいからのスタートで、最大で500万円くらいまでは稼げるようになっています。販売職としては高い水準なので魅力は大きいでしょう。一方、パートの場合には時給制で、850円~1200円くらいが相場になっています。

正確に言えば未経験で登録販売者として働く場合には850円~900円くらいで働き始めることになり、その後少しずつ昇給を受けていく仕組みです。下呂では夜間対応が必要ない場合が多いですが、土日祝日については営業しているドラッグストアがあります。

土日祝日は割増になっているので時給は高めです。それを加味してベテランの登録販売者がパートで土日祝日に働くと1200円くらいまでは上がると考えると良いでしょう。

周囲の地域との求人状況は違うのか

このような下呂での事情を勘案した上で他の地域に出て行って働くのと、下呂で仕事を探すのとどちらが良いのかと悩む人もいるでしょう。下呂から岐阜市内まで出て行けばドラッグストア以外の職場も候補にできます。しかし、都会化が進んでいないとはいえ下呂は岐阜県でも比較的人口が多いので、近くの市町村に比べて待遇も高めで求人数も多めです。

岐阜市では給料の水準も少し高めになっているので求人を探してみる価値はあるでしょう。しかし、通勤時間がかかることも考慮すると良いとは言い切れないので、希望する働き方をよく考えて選ぶのが肝心です。

下呂にこだわるなら職場は近さを優先しよう

下呂では登録販売者の求人はあまり多くはなく、調剤に対応していないドラッグストアが職場の候補になります。給料の水準にもあまり違いはないので、近いところで働きたい人に向いているでしょう。周辺エリアではドラッグストア以外も選択肢にできるので、何を優先して働きたいかをよく考えて応募する求人を決めるのが大切です。